重要な経済指標の結果をドル円の予想に活かそう

   2021/12/21

FXの副業は土日に取引することはできないから翌週まで持ち越すかを口コミを参考にしたりして考えることになります。想定外のことが土日に起きてしまうと、週明けにかなり動いてしまったり、詐欺被害のせいでFXの副業で損をすることがあります。

東京時間でクロス円が上がっていたり、口コミで買い煽りをしている人がいると、これからもっと上がるかもしれないからロングポジションを強気に持っておこうと考えるでしょう。

ですが、欧州時間になるとドル円や豪ドル円が売られて安値を更新してしまう可能性がゼロではないです。
だから、一日中上がり続ける外国為替市場というものはめったにないと考えておくことが無難です。

為替通貨というものは世界中の人たちがいろいろな思惑で売買しているので様々な要因で上下に毎日動きます。
セオリーが通用する時もあるのですが、常識とは逆方向に動く場合があるのでドル円の先行きを簡単に決めつけると詐欺被害にあっていないのにマイナスになる可能性を否定できないです。

米雇用統計は為替にとても影響があることは有名で、強い結果になるとドルが買われて、弱いと売られるのが基本です。
海外市場でドル円のチャートが上がっていても、流れが日本市場にも引き継がれるかは分かりません。

1ドルが109円台にまで上がると110円を突破することを期待してしまいがちですが、軟化してしまうことを想定して売り注文を入れる準備をしておくべきです。
米雇用統計の分析をする時に非農業部門就業者数の情報を入手してどれぐらい増えているかを確認することが重要です。予想されている数をかなり下回っていたことが発表されてしまうとドル売りが多くなることを知っておきましょう。

前日の夜に発表された雇用統計の影響が翌日に残ることがあるので、重要な経済指標の結果を頭に入れてトレードをするべきです。
雇用統計が悪かったから高値が更新される可能性は低いといった根拠のある予想ができれば取引しやすいと思います。

テクニカルで分析したら下がることは避けられないと思ってもファンダメンタルズが理由で上がっていくケースは現実にありえます。
アメリカの失業率が前月と比較して下がっていればドルが上がる要因が増えたと考えることができます。

米国の平均賃金が上がったのかを気にしてトレードをするのも正しいです。テーパリングがいつ始まるかはFXにおいて重要なテーマです。なぜならば、米長期金利の動向に影響が出るからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket